発達障害者に効果的な教材の選び方とその例

発達障害とは、先天的な精神障害や知的障害、身体障害の事を指します。
教材選びは、年齢と障害機能、また、その目的によって選ぶ事が重要です。
そして、まずはお子さんがどのような障害なのかを、教える側が理解しなければなりません。
LD障害であれば、聞く、話す、読む、書く、計算する、または推論する能力のどの部分に著しい困難があるのか、深い理解が必要となります。

それに伴って、例えば「読み」が苦手な小学生に教材を使って「覚えて、理解させる」場合、学習絵本を使う事が効果的です。

さらに、「読み」の分野でも「見ること」を訓練したい場合、読字機能トレーニングソフト(学習や運動、日常生活で困難を抱える子どもたちの中で、眼球運動能力に問題があると考えられる子どもたちをケアするために作成されたトレーニング用ソフト)といった、専用プログラムの使用をお勧めします。

また、ADHD(注意欠陥多動性障害)であれば、教材を使って複数の人達とコミュニケーションを取って学ぶ事がとても重要となります。

例えば、「社会性の低い」小学生に「社会性」そのものを理解させる為には、「社会性を高めるためのゲーム」を通してトラブル解決に必要なソーシャルスキルが学べます。

このように、できる事とできない事を見極め、シンプルかつ視覚に訴える事ができる物が重要なポイントと言えます。

最後は親から自立できる一人前の人として独立できる事を目標に、一緒に成長していきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ