子供の興味を引き出し、楽しく学べる算数教材

算数を楽しく興味をもって学んでもらうために必要なことは、子供にいかに算数という学問への好奇心を掻き立てるかが重要です。
つまり、算数教材の選び方が大切になります。
いくら解説文が細かく丁寧であっても、興味をそそられなければ目で見て読むだけであり、自分から問題を解いていこうという気にはならないものです。

そこで、算数教材に大切なのは、自分で試し、納得しながら学ぶ方法が具体的であるかどうかで、例えば、長さについてならば実際に色々なものを計ることで、ミリ、センチ、メートルの間隔や、位の上がった時の読み方の違いを実感させることで理解が深まります。

時計の読み方ならば、針を動かしながら時間を読ませるなど、言葉だけでは伝えづらいことは、日常生活に沿わせながら身を持って体感させることで、より効果的な学習ができます。

算数という数に対しての興味をもたせることを大前提としてそこから始め、解説が丁寧で分かりやすい教材に移行していけば楽しく学べます。
小学生から始める算数はその後、数学になっても使う基礎の要素が大きいため、しっかりと身につける必要があります。

従って、算数教材はプリントや参考書、問題集だけでなく、まず興味を持たせるための教材がとても大切です。

次に、分かりやすい解説の参考書、やさしい問題から無理なくレベルを上げられるような問題集などを利用するなど、学ぶ意欲を自然と持てる流れを考えるようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ