市場拡大する幼児専門教材会社

幼児とは就学前の子供のことを指す場合が多いですが、保育園、もしくは幼稚園児に的を絞った幼児専門の知育用の教材をたくさん目にすることがあります。
書店や玩具売り場でも、まだ字の読み書きもままならない子供のための問題集や玩具が豊富に置かれています。
幼児専門教材会社は日本だけでなく、海外の製品も数多くあり、少なく産んで大事に育てるという現代に合ったマーケティングであると言えます。

まだ日本語すら上手く話したり読んだりできない幼児を対象に色々な商品を作りだし、販売しているこの背景には、少子化であることの他に、学歴社会からまだ抜け出せていないのかもしれません。

教材の種類には、あいうえおなどの字をなぞるものから、小さな道具を使って数に対する感覚を身につけるもの、カードを高速でフラッシュさせて脳を刺激するもの、指先を刺激しながら脳の活性を図るもの、カセットテープやCDなどの音源から脳に刺激させるものなどさまざまな種類があります。

見たものや感じたものをすぐに吸収する幼児を対象にした教材は、小学生以上の子供を対象にした教材よりも多いのではないかと思えるほど豊富です。

これらの教材を使っていろいろなものに興味を持たせた上で就学させた場合とそうでない場合、やはり知識の量の差がある分、読み書きができるようになってから育つ好奇心に違いが出てくることもあります。

多くの事柄に着眼させたり興味を持たせるという意味ではとても良いことであり、今後も、幼児専門教材会社は増え続ける傾向にあると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ