身に付く児童英語教材に求められるもの

日本人は、中学、高校と約6年間英語を学ぶ機会がありますが、なぜか英語を話せる人が少ないのが現状です。
他の国では自分の国の言葉と英語の両方を話すことができる人がとても多く、世界的にみても、多くの国は多民族国家であるため、生まれ育った環境で使う言語と、学校や仕事で使うための共通語が異なることが当たり前になっています。

日本は独立した島国のため、日本語という言葉さえ使えれば何も問題ないという状況にあるため、日本語以外を話せなくても生活していくことができます。

世界の共通語として話されている英語を日常会話で自由に使いこなせるようになるためには、頭の柔らかい6歳から18歳までの間に効率よく英語を学ぶことです。

英語に限らず、言葉は耳で聞いて覚え、口で言葉にして表現しながら覚えるものなので、まず、英語を耳が受け入れやすいような歌や言葉にする必要があります。

そして、それを口から言葉として出しやすい物でなければ身につく教材とは言えません。
最近市場が拡大している児童英語教材は、効率よく語学を身につけることができるのでしょうか。

実際のところ、身に付く児童英語教材は数多く存在しますが、教材全体の数が豊富な分、子供に合った教材を探すのも難しいのが事実です。
英語に興味を持たせ、英語を自然に聞き入れ、口から発音する機会があるかないか、そこに重点を置いて比較することをお勧めします。

子供が楽しく英語を口ずさめるようになれば、英語に対する苦手意識が芽生えることはありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ