幼児教材による英語教育の現状とその効果を比較

幼児向けの英語教材は今やとても種類が豊富です。
他社との宣伝競争も激化しつつあり、子どもを持つ家庭では勧誘の電話やダイレクトメールを頻繁に受け取ることがあります。
宣伝に比例してか、近年は幼い頃から外国語に触れさせようと、教育に熱心な家庭が増えてきています。
少し前の時代では、中学に入学してから初めて学習するということが一般的でしたが、今では小学校高学年で外国語の授業を設け、学校以外でも学習塾などで学んでいる子供がとても多くいます。

中には、幼稚園児の頃から外国語に触れさせようとインターナショナル保育園に通わせる家庭もあり、英語教育に対する意識が高まっているのが現状です。

乳児期の子供は、日本語を周囲の人たちの言葉から学んでいくように、耳から入る音で学びます。

日本語以外の言語も同じと言え、常に違う言語に触れられるインターナショナルな環境で育ち、耳にする機会を多く設ければ、自然に音で学ぶことができ、将来的にバイリンガルも夢ではありません。

但し、幼い頃は知識を吸収するのはとても早いですが、継続して学んでいなければ忘れてしまい、最終的には意味のない教育で終わってしまいます。
そのため、幼児期だけの学習ではなく、将来的に役に立つためには小学校卒業の頃までは継続し、語学力の基盤を築いておく必要があります。

幼児期に培った英語力は将来的に就職の際の強みとなり、自信にも繋がります。
また、資格を取得することで、就職や転職時のアピールポイントにもなります。

早期教育は不要という人もいますが、外国語を知らずに成長していく人と比較すれば、常にインターナショナルな環境を身近に感じられる世界に身を置くことで、将来的にグローバルな人材に育つことに繋がります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ