様々な形態で提供される音声教材

音声教材と言われるものには、様々な種類や提供方法が存在しています。
一般的には言語を学ぶ手段として知られており、有償で購入するものと無償で提供されるものに分けられます。
ひと昔前までは、言語の学習のために有償で提供されていたものが多くを占めていましたが、現在では次に挙げるような教材もあります。

司法書士試験の受験教材や、難読症・失読症・識字困難などの学習障害の症状(ディスレクシア)を持つ子供向けの教科書に代わる教材などで、また、提供される言語も増え、英語やフランス語、ドイツ語などのヨーロッパ圏の他、アジア圏の言語などもあります。

無償で提供される言語音声教材の中には動画を使ったものもあり、中でも珍しいものは、東京外国語大学大学院が研究開発したネット上の言語教材「東京外国語大学言語モジュール」です。

このサイトは文部科学省等の支援を受けて研究・教育されたプロジェクトの研究成果を活用したものとされており、日本語を含め24の言語が掲載されています。

中でも英語は地理的に分かれた分類で、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドと分かれています。
この他にも、インターネット上には無償で提供されているものが存在します。

利用に際しては有償の部分もありますが、便利で手軽に始める事が出来ます。

グローバル時代を迎え、色々な国の人と触れ合う機会が増えてきた昨今、一つのコミュニケーション手段として、また、個人のキャリアとして資格を取得するにも身近で気軽な存在となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ