中学受験を考えての教材導入時期について

中学受験というと、昔はごく一部の限られた家庭の子供が受ける特別なものという考えでしたが、今ではとても多くの子供が経験をしています。
子供が幼い頃から、小学校受験や中学受験に向けての教育方針を決める家庭も少なくありません。
そこで意識するのが、家庭での学習の大切さです。

早い段階で教材を使った学習が身につけば、その後の受験に備えて親子ともに余裕をもって準備ができます。
幼児の頃からドリルなどの教材を使っての学習習慣があれば、受験の頃にはしっかりした学習力がつきます。

小学校5、6年生になってから受験に取り組むのでは、遅くまでの塾通いや学習時間の増大など、子供への負担も大きくなります。
また、詰め込みの勉強では、子供が勉強自体嫌いになってしまう可能性も高いです。

いかに子供の負担が少なく楽しみながら学習できるかについては、親の環境作りへの取り組みが大きく影響します。
幼児のドリルは、迷路や間違い探しなど、遊びの一環として楽しみながら取り組めます。

ある程度の年齢までは親子一緒に学習に取り組み、大きくなったら一人で教材に取り組む習慣をしっかり作ってあげましょう。

また親は、本や新聞を読む姿、勉強する姿、仕事をする姿を子供に見せ、人は生涯学ぶものだと身をもって教えることも大切です。

もし中学受験を検討するならば、早い時期から子供に学習習慣を定着させ、学ぶことは楽しいことだと思ってもらうことが一番で、習慣化させるためにも、その時期は早ければ早いほど良いと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ