行政書士試験を受ける人の教材について

行政書士の資格試験は、毎年11月の第2日曜日に、全国47都道府県で行われます。
平成25年度の試験は、受験申込者数が70,896人、実際の受験者数が55,436人で、合格者数が5,597人と合格率は10.10%でした。
この仕事は、法律に基づき官公署に提出される書類を中心に、正しく記載されているかなど書類の作成と手続きを代理し、作成に伴う相談に応ずることができる日本の国家資格です。

公式サイトは、財団法人行政書士試験研究センターで、行政書士の資格は、通信教育、法の専門学校、独学で学び、試験に合格することで取得できます。

折込チラシなどで見かける有名通信教育の受講料は60,000円強で、教材が薄めで要点がよく絞られていますが、試験に合格する人は、教材の他にも参考書で自習している人が多くいます。

また、別料金を払って、専門学校の模擬試験だけを受ける人もいます。

2年3年の長丁場で資格を狙うのであれば、専門学校に行くのとあまり変わらない金額になってしまいますが、この専門学校で出している参考書や問題集といった教材が、3,000円程度のラインナップで書店で購入できます。

自分で時間を作って頑張れる人は、何冊か買って勉強して合格を果たしています。
またこの資格は、教育訓練給付金制度が受けられます。

それ以外にも、色々な呼び名で割引制度が存在しますので、講座を申し込むときにはどのような割引が適用されて、どの割引が一番お得かを確認してから申し込むと良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ