パソコンでソフトを使った教材作成に求められるポイント

世の中はマルチメディア化へと時代は進んでいます。
以前より、学校ではプリントでの教材作成が一般的となっていますが、時代の流れと共に、音声テープやビデオテープ、CDやDVDなど、教材も変化しつつあります。
近年では、学校でパソコンやタブレットを導入して授業を行っているところが増えています。

インターネット上では無料で教材をダウンロードできるサイトがあり、先生が自分で電子教材を作れるソフトも数多く存在しますが、これを導入するには先生自身がパソコンを使いこなせるようになる必要があります。

授業を受ける側も、ある程度のパソコンの操作知識が求められます。

こういったソフトを使用することで、何の資格も必要なく手軽に教材作成が可能となり、また、修正や保管などもプリント教材より管理しやすいという大きな利点もあります。

紙を一切使用しない授業というのは想像することが難しいもので、マルチメディア化が進んでいる中、やはり今でも多くのプリント教材が使用されています。

プリントでの教材作成は、電子教材のようにそれ程お金がかからず、もっとも手軽でよく使われる教材です。
先生自身が作るものはカラーではないものの、写真を入れたり、手書きのものであったりとオリジナルのものができます。

しかし、プリントの教材はいつでも誰でも作れる教材だけに技術的なハードルは低いのですが、基本的で普遍的なノウハウが求められます。

そのプリントによってやる気が刺激され、そしてその教材を使った結果として何かが身に付くようにする、要点をわかりやすく構成して情報を提供する工夫が必要です。

プリントの教材は生徒が手元に置いて、何度も繰り返しわかるまでプリントを読み直したり問題を解き直したり、自分なりに書き加えたり、アンダーラインを引いて見やすくしたりできるので、とても身近な教材と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ