現在使用されている学校教材

学校教材と言えば、思いつくのはどんなものでしょう。
例えば、理科室に置いてある人体模型や標本はその一つですし、体育の授業で使用するマットや跳び箱、音楽の授業で使うたて笛のように多くの物があることに気付かされます。
近年では教育の場でもIT化が進み、コンピューターを導入する学校が増えたことから教材も変わりつつあり、CDやDVDを使っての授業やコンピューターを使っての教材作り等で質も向上しています。

また、各科目の授業に使われている教材の種類では主に図書教材が一般的に多く、教科書をはじめ資料や道具もそれにあたります。
広義では、人材や自然、地域社会も含まれていて、様々な分野で成功している著名人を招いての授業や、工場見学も学校教材と言えるでしょう。

こうした教材はどのような流通形態で提供されているのか調べてみますと、図書教材の場合は一般の書籍や雑誌とは異なり、取り次ぎをせず出版社から特約販売店、学校という独自の流通形態となります。

これは直販教材と言われ、取り次ぎが無い分安価での提供が出来る点がメリットです。

この様々な教材は、学校教育の中で子供達の教育効果を高める為に大変重要で不可欠なものとされ、各学校や地方公共団体等でも教材整備にあたっている所です。

コンピューターの発展を期に教育の現場も様変わりしはじめ、時代と共に学校教材も進化し、様々なものが研究・開発されている等、授業の内容も多様化しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ