人に教える立場にある人が、教える内容について勉強する事や作業をする事を教材研究と言います

何かを教える立場の人が、自ら授業で使う内容について勉強する事や作業する事を教材研究と言い、様々な指導員と呼ばれている人々が日々行っています。
例えば、学校の先生は自分で作成した図形の模型や資料を使って授業を行う事がありますが、どうすれば理解しやすいか事前に研究しています。

教材研究の目的としては、価値判断(教えようとしている内容が、教える価値があるのか及び必要か)、知識や技能の習得(教える内容についての理解、知識や技能の習得)、関連知識や技能の習得(応用性の向上、具体例を探す)、知識や技能の最適化・教材の作成等です。

また、研究の手法としては、文献の研究(統計資料等からの情報収集)、実験研究(実際に実験をして裏付けや結果を取得する)、作業研究(実際に作業をして感覚等を収集する)、フィールドワーク(実際に現場に行って観察をして情報を収集する)があります。

このように、日々研究を重ねながら児童や生徒、受講者等に教授しています。
その現状の中で、学校の教材を製造している企業もあり、大和化学教材研究所では主に小学生の理科の実験教材を製造しています。

教材は文部科学省の学習指導要領に準じていて、安全で児童が興味を持ちやすく、授業を無理なく進められる製品となっています。

一昔前は、先生自らが徹夜で作成した教材を使っての授業も珍しくありませんでしたが、今では様々な教材やパソコンの発達で、研究や授業がしやすくなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ