高校教材には様々なものがあり、作っている会社にも特徴があります

一口に高校教材といっても、実に様々なものが作られています。
株式会社実務教育出版では、学生の個性や能力の伸長という視点で、キャリア教育や就職支援活動に役立つ教材や情報、サービスの提供をしています。
特に、進路適性検査を活用して心理検査、公務員試験や就職試験などで使用されるSPIなど、多種のテストや教材を刊行しており、多くの学校で利用されています。

東京書籍株式会社は、未来を担う人材を育てるという社会的使命のもと、教科書作成のリーディングカンパニーとして業界を牽引しており、教育制度の改革やメディアの多様化により教育の概念が変化していく中、時代の要求に対応して事業領域を拡大し、映像、ソフト開発、WEB配信サービスなども行うようになりました。

このように、教材を作成している会社にもそれぞれの特徴があります。

教材をどのように選べば良いのか迷ってしまうという人もいるでしょうが、まずは自分のレベルや目標を考える必要があり、その目標を見据えて着実に取り組める教材を選んだ方が学習効果が表れます。

初めて教材を選ぶという人は、なるべく薄い書籍を選んだ方が取り掛かりやすいでしょう。
なぜなら、薄い分、要点が簡潔に押さえられていると考えられるからです。

また、分かりやすい言葉で書かれているものや図解が多いものの方が読んでいて理解しやすいと感じるものですし、書籍の印刷数を確認しておくと参考になるでしょう。

人気があれば自分にも適しているとは限りませんが、印刷数が多いということはそれだけ利用している人が多く、役に立っているということなので選ぶ際の目安になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ