特別支援で使用される教材について

日本には特別に支援を要する子供達がたくさんいます。
様々な障害を持った子供達が障害を克服し、自立した生活を送ることが出来るように行う教育を特別支援教育と言います。
学校教育法で規定されており、障害をひとつの個性として、障害を持たない子供達との共生を見守りつつ援助の形を考えて行こうという取り組みで、それに伴う支援学校も全国に作られました。

2007年には、盲・聾養護学校が特別支援学校に一本化され、クラス名も特殊学級から特別支援教室に変わりました。
この学校の教材となり得る教科書は、他の児童や生徒と同じ教科書であるほか、子供の障害に合わせた教材や教具が利用されています。

例えば、目に障害を持つ子供には点字教科書が用いられ、耳に障害を持つ子供には聴覚障害者用の言語指導や音楽の教科書等が使われています。

また、各支援学校独自の教材も多く開発されており、様々な教育に役立てています。
民間の企業でも、各教科工夫を凝らしたものを制作販売しています。

例えば学研からは、軽度の障害を持つ子供用に国語や算数等が初級から上級に分かれていて、子供達が興味を持って取り組めるように考えられたものが出ています。

パソコンのサイトでは、学習プリントを無料でダウンロードして利用出来るものや、ビデオクリップも用意されているなど優良なものが数多くあります。
特別支援教育をより良いものにする為に、国をはじめ各都道府県において、学校だけではなく様々な場所で様々な取り組みが行われています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ