学校ではいろいろな科学教材を利用しています

学校の科学の授業では、いろいろな科学教材を利用しています。
科学とは理科の学問の総称で様々なカテゴリーに分かれており、物理学、化学、数学、天文学、生物学、地学等があり、そのため種類もカテゴリーごとに分かれており多彩です。
科学教材の専門店が多数ある中、美工社という会社では、ブロックを使ってロボットを作成するキットを開発しています。

何度でも組み換えが可能で多種類でバージョンの違うロボットが作成でき、ギア比を4段階に変えられるなど子供達の創造力をかき立てる教材となっています。

木のスティックだけで動物やログハウスを組み立てるキットは、数種類の木製のスティックを使って動物や家、乗り物などを組み立るものです。
完成品のレベルも3段階あり学年に合わせて選ぶことができ、ネジや工具などを使用しないで作成可能な点が安全で安心な教材と言えます。

手作りの顕微鏡セットも面白い教材のひとつで、定番の形のものやマイクロスコープ型があったりと、子供達の興味を引出すのにピッタリです。

震災以来、放射線や放射性物質等に関する授業も多く行われていますが、環境放射線量や野菜や製品等の表面に付着している放射性物質の量を測定できる機材を教材として利用している学校もあります。

それに加え、CO2の問題なども取りざたされていますので、環境問題に関係する教材も様々なものが出されています。

子供達が科学に興味を持ち、好きになるような科学教材がたくさんあり、大人でも楽しめます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ