子供教材は、楽しく学べる事とやる気が出るものが1番です

最近では、子供に習い事を始めさせる年齢は3才頃からが1番多いようです。
日常の出来事のほとんどを理解できるようになる年齢だからでしょうか。
ありとあらゆる習い事がある中で、どんなものが良いのか親の方も悩んでしまいますので、子供の教材をいくつか紹介します。

まず、幼児の英語教材では石川遼のCMでお馴染みのスピードラーニングJrで、月に1回教材が届き、聞き流すだけの手軽さが人気のようです。
もう1つは、こどもちゃれんじEnglishです。

幼児教材に強いベネッセが開発した幼児向け英語教材で、実践で使える英語力をコンセプトにしており、ステップアップ型のカリキュラムで無理なく学べます。

教材は2か月毎に届き、やる気を継続させるには良さそうです。
また、幼児の時から本格的に学ばせる教材としては、難関大学向けの通信教育でお馴染みのZ会の幼児コースで、その特色は、五感を使った良質な実体験をさせる事と自ら考えることを習慣づける内容となっています。

その他には、世界45ヵ国で展開する公文式があります。
繰り返し行う事で計算や読解力が養われ、基礎力が身に付き、毎月教材が届きますが、難点は1教科つき7,300円と少々割高になってしまうことです。
しかし、子供が楽しく続けられるのであれば、それも気にならないのかもしれません。

このように、たくさんの子供教材がありますが、何を選んで与えるのかは、費用等色々考えなければいけませんが、やはり子供が興味を示し、楽しく学べる教材が1番なのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ