子供達の教材開発において興味や関心等を活かすように創意工夫を行うことが挙げられます

子供達の教材開発において、目的としてその教材を活用することによって児童生徒の自習性が養われる等の教育効果を高める為、興味や関心等を活かすように創意工夫を行うことが挙げられます。
学習の目的に応じた開発も重要で、地域の方々の協力が必要不可欠になって来ます。
教材の例として紹介しますと、その地域の歴史や産業等を取り上げて人権の問題と関連付けての教材化、感性に訴える教材、老人ホームで働いている人や、高齢者や障害を持った人々とのふれあいの教材化、医療機関や消防署等人命救助の仕事に直接関わっている職員の体験談の教材化等、素材として多数挙げられます。

その他には、自分の関わる大勢の人達と一緒に作り上る教材など、地域と関わることによって育まれる尊重性や協調性を学ぶ機会にもなります。

教材としての素材を上手く活用するには、情報の共有化が大切になると同時に、教材開発を行う時には様々な人々に開かれた組織作りが求められます。

また、情報交換のシステム化によって、更に実態に迫る教材作りが可能となるでしょう。

例えば学校や学級のホームページを子供達自らが作成したり、日本以外の国は勿論、外国の様々な年齢や性別に捕らわれない人々とのメールでのやりとり等の活用を通して、物事を広い視野で考える力を付けるのに適した教材になり得ます。

より良い教材開発を行う為には、各種の組織や団体等を積極的に取り入れて行くことと、発達段階を踏まえて人権や活用法等の配慮が必要となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ