小学校の学習教材には工夫がいっぱいあります

小学校は、子供達が初めて授業という時間を経験し、勉強が始まるスタートの大事な場所です。
中でも、初めて勉強していく上で学習教材の質はとても重要となってきます。
中学校では試験用紙がわら半紙であったり、ドリルなどもシンプルなものになっていますが、小学校の教材ですとテストはカラーでイラストも入っており、ドリルもキャラクターを表紙に使用したりと工夫されています。

そうすることで、初めて勉強に取り組む子供達が少しでも興味を持ったり、取り掛かりやりやすくなっているのではないでしょうか。

例えば、社会の勉強で日本の都道府県の特徴や位置を学ぶための学習教材では、日本地図をぬりえにしているものや、都道府県の特産物がイラストで書かれているなど記憶しやすくしているものがあります。

算数の計算問題でも、子供達が想像しやすい表現を使って問題文にし、理解しやすくなる工夫がされています。
英語の勉強では、イラスト付きのクイズ形式のものや、紙芝居で英語を学んでいくものなどもあります。

このように、まずは子供達が楽しく勉強に取り組み、理解しやすい文章やイメージしやすい表現を使っていくことが大切で、現代の小学校で使われている教材は、子供達が勉強しやすいようにたくさんの工夫がされています。

これを活用し、先生方も楽しく学べる授業作りをしたり、家庭での学習の際は子供と一緒に楽しみながら学ぶことができるでしょう。

お子さんがどういった学習教材を使っているか、注目してみてはいかがでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ