eラーニングは種類も増えており、お勧めの教材が多数あります

eラーニングとはインターネットを利用したオンライン教育の事で、大きく3種類に分けられます。
まず、講義を動画で視聴する「映像配信型」と、豊富な問題を繰り返し解いて知識を身に付ける「ドリル型」、そして、楽しむ事を重視した「ゲーム型」があります。
近年ますます需要が高まり、様々なeラーニング教材が登場していますが、株式会社すららネットの「すらら」は、2012年に日本e-Learning大賞文部科学大臣賞を受賞しました。

講師の評判はもちろんですが、生徒からの評判も非常に良いお勧めの教材です。

その一番の特徴は、アニメキャラクターがストーリーに沿って丁寧なレクチャーをする事で、子供の好きなゲームを要素に取り入れ、楽しく勉強が出来る教材になっています。

また、飽きない様に映像や音楽にも工夫をして、生徒が自主的に学習する気持ちを促します。
今まで勉強が嫌いで学力が上がらなかった生徒でも取り組める内容の「すらら」は、次世代の教育システムとして、多くの学習塾で使用されています。

株式会社メディア・ファイブの「media5」はパソコンで文章を読むシステムなので、勉強がしやすいと生徒から好評です。
ドリルの難易度調整が可能で、問題が解ける実感が得られやすいという声も上がっています。

他には、授業の録画映像を使用したギガビジョン株式会社のスクールeがお勧めで、これは小学校から高等学校までの授業を録音しており、教科や単元の映像数が充実しています。

また、弱点を無くす為に前学年の学習が出来たり、先取り学習にも対応しているので、気になる人は無料請求してはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ