楽しく元気になる音読教材を試してみましょう

音読とは声に出して文章を読むことで、現在の学校教育では、小学校に入学すると国語力の向上のため毎日の様に宿題として出されているほど欠かせない重要な学習となっています。
その効果としては、脳の血流を増加させて脳を活性化する効果があると言われており、頭の回転を早くする作用もあるので、子どもだけではなく、高齢者の記憶力向上や認知症の予防改善法としても期待されていて、介護施設でも取り入れている所があるほどです。

教材としては、新聞や小説、童話や絵本、読経などが良く、同じ物ばかりでは無い方が良いとされていて、毎日続けることが大切だと言われています。
例えば、テレビのコメンテーターとして有名な、明治大学文学部教授斉藤孝氏の「声に出して読みたい日本語」などは、多くの方に読まれています。

他の著書にも、「声に出して読みたい方言」「声に出して読みたい論語」などがあり、声に出して読み上げてみると、心の力につながってくると紹介されています。

また、語学を習得しようという方にも音読は欠かせないものです。

ネイティブの発音やイントネーションを視聴しながら音読すると学習効果が上がると言われており、外国語に興味のある方には人気のある学習方法となっています。

教材としては週刊英和新聞朝日ウィークリーがあり、英会話を学ぶ方に購読されています。
是非、身近にある新聞や雑誌を声に出して読んでみるという方法を試してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ