保健指導の重要性と教材提供サイトの紹介

高齢化社会になっている現在の日本においては、健康に年を取るということは非常に重要です。
かつては成人病と呼ばれ、年配の方が多く患っていた糖尿病や高血圧症、動脈硬化などは、30代ぐらいの若い世代にもよく見られるようになり生活習慣病と呼ばれるようになりました。
健康に暮らしたいという思いは、全世代共通の目標となりつつあります。

体の内側の不調や、かかりやすい病の傾向を発見するのに重要なのが、健康診断と診断後の保健指導です。

健康診断は、学校や会社に勤めていなくても、地方自治体でも行っているので受けやすくなっていますが、健康診断を受けたことに満足して、その後、生活習慣を改善しない方も多くいます。

そこで重要なのが保健指導教材で、診断結果によって個人個人に合わせた教材を渡すことが出来るので、内容に沿って説明することでわかりやすく生活習慣の改善を促せます。

糖尿病や食生活、禁煙ガイドや運動習慣の提案など、細かく様々な内容があります。
保健指導リソースガイドでは、そういった教材やポスター等が紹介されていて、無料または有料で入手することが出来ます。

紹介しているだけなので、各掲載内容や提供条件などをよく確認してから入手しましょう。
また、保健指導マーケットというサイトではポスターやDVDを提供しており、より内容が充実していて便利です。

こちらはオンラインストアとなっているので、会員登録をしてから購入する流れとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ