eラーニングを利用した教材制作

現在、教育の現場では様々な教材が使われており、文部科学省から配布される教科書をはじめ、副教本やドリル等まだまだ紙を使用した教材が主流になっています。
ペーパー教材と言われている製品に新しい技術を取り入れつつ、制作に携わる企業も数多くあります。
そんな中で、eラーニングを活用した教材制作が今注目を集めています。

eラーニングとは、インターネットのネットワークの情報技術を活用した遠隔教育法を指し、使用される機材としては、コンピューター・タプレット端末やスマートフォン等があり、官公庁や企業、学校や塾など多くの現場で利用されています。

教材制作には、コンテンツの変換や講義のパワーポイントを用いたリアルな映像教材の作成、既存の教材や資料を動画や音声を盛り込んでのアニメーション教材の作成やライブ映像の配信、ドキュメントの書籍化、PCやタブレットなど、沢山の種類があります。

更に、スマートフォンにも対応可能なまんが教材の作成など、殆どの教材はeラーニングに活用出来ます。
また、多言語に対応していますので、多国の言語を学習する事も可能になっています。

最近では、大学でも独自のeラーニングの教材制作に力を入れ始めており、明治大学では教員の授業のサポートにeラーニング教材の製作を行って、学生のメディア授業に活用しています。

情報技術が目覚ましい発展を遂げ、自宅に居ながらありとあらゆる情報を収集でき、自由に学ぶ事が可能な時代においては、メリット、デメリットを含めそれをどう活かして行くかが今後の課題と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ