日商簿記検定試験に合格できるお勧めの教材

簿記検定と言っても、大きく分けると日商・全経・全商とあり、難易度も違う為、同じ級だからと言って全て同じレベルではありません。
簿記の資格を持っていると「日商」との印象を持たれる程、知名度と難易度が高い日商は、就職等で資格をアピールするには最低でも日商3級は取っておく必要があります。
これから資格を取得しようと考えている人は、この日商を取る為の学習をお勧めします。

とは言え、学習には教材が必要で、いざ始めようと思って書店に行っても沢山のテキストや問題集が置かれているので、どれにしたら良いのか迷ってしまうことは多いのではないでしょうか。

そこで、受験生の口コミやネットのユーザーレビューで高い評価を得ている教材を幾つか紹介します。

TAC出版の「スッキリわかるシリーズ」は日本で一番売れているテキストと言われており、図やイラストが多く散りばめられていて、幅広い世代の人にお勧めできるテキストです。

同じくTAC出版の「簿記の教科書シリーズ」は分かり易さにこだわって作られたテキストで、簿記教材初のフルカラーテキストで最近人気が急上昇しています。

また、ネットスクールの「サクッとうかるシリーズ」は、図やイラストが豊富に用いられ、雑誌テイストで読みやすいのが特徴で、学生から年配の人まで年代を問わずお勧めできます。

TAC出版の「合格テキスト・合格トレーニングシリーズ」は、TACの検定講座の授業でも実際に使われているテキストで、基礎をしっかり身につけられる安心の教材と言えます。
これらの情報を参考にして、自分に合った教材を選びましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ