視聴覚教材の利点と効果について

視聴覚教材とは、ビデオやDVD、CD-ROMなど、視覚や聴覚を使って学習する教材を指します。
学校の授業や企業の研修、生涯学習のテキストなど、色々な場面で利用されています。
図書館にも置かれており、誰でも自由に視聴できるようになっている所も多くあります。

近年では、視聴覚教材の発展と共に通信講座の利用も増えていて、通信講座もさることながら、視聴覚教材の利点には、何をどんなふうに勉強して行けばよいのか組み立てが容易に出来、学習範囲の全体のイメージが掴み易い点が挙げられます。

もう1つの利点として、受講者の視覚や聴覚に強く働きかけるという特徴がありますので、両方を刺激することで印象に残り易い講義が受けられる点です。

そしてやはり1番の利点は何度でも利用できる所で、前に行った学習をもう1度行いたい時、いつでも何度でも視聴出来ますから復習に適しており、確実に内容を理解出来ます。

学んでいる内容についての記憶の定着率が上がるので、学習効果が上がります。
これは、受講者自身が内容の意味を推測し、自身で理解しようと努力しなければ成り立たない学習法なので、進めていくうちに受け身ではなくなります。

このように、多くの利点や効果が期待出来る教材の在り方を考えた時、最新の教材を利用して学習効率を上げる事も大切ですが、アナログと言われている教材にも目を向けて、双方の良い所を利用しながら学んで行く事が重要なのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ