ドイツ語を学べるお勧めの教材

ドイツ語は、インドやヨーロッパ諸国では第1言語として使われ、世界で約1億人の話者がいると言われています。
英語、中国語、日本語などに次いで第6の言語とされており、公用語として使っている国はオーストリア、スイス、ベルギーといった国々です。
日本では、西洋医学が入ってきた時代より医療のカルテがドイツ語であることから、広く知られるようになりました。

そのため、医療を目指す方は一般の大学生の中にも、この言語を専攻する学生が見受けられます。
ドイツ語をこれから学習したいと考えている方に最適な教材があるので、いくつか紹介します。

まず「ELEドイツ語マイスター」は、学習期間89日間というスピードでレベルアップが図れる可能性を秘めた教材です。

お金をかけずに、時間の制限がある方でも短期間でマスター出来ると好評で、覚えやすく楽しく効率良く学べ、年齢問わず理解しやすい内容となっています。

「3倍速に挑戦ドイツ語をリスニング」はリスニングに重点を置いている点が特徴で、会話に最も必要とされるリスニング力の向上を目的としています。
速度の違う発声を何度も聴き、速度に慣れることでスキルアップが期待されます。

音声データはパソコンのメディアプレーヤーやMP3対応のオーディオ機器等で聴けるようになっており、日本語での文章ファイルと併用すれば理解力がアップすると高評価を得ています。

今やドイツ語は医療の現場だけではなく、観光やビジネス分野でも重要になってきていますので、空いた時間に勉強してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ