リスニングとヒアリングは英語の習熟度で教材を選ぶ

グローバル化が進む現代の日本において、英語の必要性を感じている人や英語への関心を持つ人は増えてきています。
英語を効率良く学ぶ学習法として、音声を「きく」方法は有効だとされています。
リスニングとヒアリング、どちらも「きく」という意味を持つ英単語ですが、ヒアは意識をしなくても自然と耳に入って来る「聞く」を指し、リッスンは意識して耳を傾ける「聴く」という意味合いがあります。

英語の学習をする際、発音や会話を聞いて勉強する教材が販売されていますが、教材を選ぶ際はこの「聞く」と「聴く」を使い分けると学習効率が上がります。

ですから、英語を聴く能力が低い状態で聞くことを重要視した英語のヒアリング音声を耳にしても、効果はあまり期待出来ないということです。
効果的な勉強法としては、英語初心者の方はある程度内容が理解出来るようになるまでは、リスニングの勉強を行います。

最初は短い文章から取り掛かり、慣れてきたら少しずつ長い文章に移り、何と言っているのかの意味を含めて理解する訓練をします。
この場合、様々なテキストを使用するのではなく、1つのものをじっくりと学習した方がより理解が深まります。

ある程度英語を聴くことが習熟したら、次はヒアリング教材の使用が効果的です。
長時間に渡って英語の音声を流し続けると、意識しなくても脳に定着するので、気付くと聞き取りが出来るようになっています。

自分の英語の成熟度に合わせてヒアリングとリスニングの教材を使い分ければ英語力は上達します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:教材

このページの先頭へ