TOEICは分野ごとに勉強方法を変える必要があります

最近では、TOEICのスコアは学生だけでなく、社会人にも重要なものになってきています。
学生ならば就活での自己アピールとして、社会人ならば昇進としてスコアは利用されています。
スコアは自分の学力が上がらない限り変化はありません。スコアを上げるためには効果的な勉強をしなくてはなりません。
そしてリスニングセクションとリーディングセクションでは対策が異なります。

まずリスニングセクションです。
一点目として、英語を繰り返し聞くことです。
この時点で内容は理解できなくてかまわないので、耳慣らしとして英語を聞くのです。

二点目として、単語帳の例文を暗記することです。
単語帳は自分がやりやすいと思ったもので構いません。
例文を繰り返し見て、わからない単語・熟語をチェックします。

単語だけを暗記するより、例文丸ごと暗記する方が理解が深まります。
三点目として、シャドーイングです。
いきなりは難しいですが繰り返して行います。

次にリスニングセクションです。
スコアを上げるためには得点源となる文法・語法問題はパーフェクトを狙う必要があります。
この分野は短期間で伸ばすことが可能です。

問題集を繰り返し解くことでパーフェクトが狙えます。
長文問題は、速読がカギとなるので、英語を日本語に訳さずに、英語で理解するようにします。

長文の分野はスコアを伸ばすには時間がかかりますので、毎日短時間でも速読の練習を行うことです。
簡単な文章で構いません。
TOEICは分野ごとに勉強方法を変えることで、スコアを伸ばすことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ