test of~略してTOEICの基礎知識

TOEICとは、test of English for international communicationの略で、英語を母国語としない人々の英語によるコミュニケーション能力を測るテストです。
米国の国家試験や資格試験の大半を実施している、ETSという機関が開発及び制作しています。

言語学者や統計学者、心理学者などさまざまな分野の専門家が携わり、多角的な観点からの高品質を維持されてます。
TOEICは、特定の国の歴史や文化に左右されない、国際的に通用する英語コミュニケーション能力を測定するテストなので、特定の国のみで使われている単語や言い回しは含まれていません。

また、実践的なコミュニケーション英語能力を測定するために、テストは英文のみで構成されており、英文和訳・和文英訳といった設問はありません。

流暢でない発音やスペルミスがあっても、意思疎通に問題がなければ、採点には影響しないという特徴もあります。
常に一定の評価水準を保つために、スコアの同一化と呼ばれる統計処理を行い、点数を算出されています。

採点の訓練を受けた者が複数名で採点し、ETSの統計の専門家すべての採点結果を分析・検証しています。
従って、学校における推薦入試や単位認定の基準などに利用されます。

TOIECテストは、約90ヶ国、年間約500万人が受験しており、アジアや欧米など9000を超える企業や団体で活用されるグローバルスタンダードな英語能力検定試験といえます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ