英語学習におけるTOEICの位置付け

英語学習が、社会の様々なところで求められるようになってきました。
国際化、グローバル化といった文字を新聞の紙面で見ない日はもはや無いのではないでしょうか。
また、それにともなって、学習の方法もまた多様化しています。

昔はといえばほぼ英検一本であった資格制度も、TOEICなどの新興の資格が既にプレゼンスを高めていますし、全体を見回せばむしろ用途別に資格が細分化しているという見方も出来ます。

TOEICは、その中でも主にビジネス向けの英語を中心として構成された資格試験です。
受験者数は最近こそやや伸びが鈍化してきたものの、着実に世間に浸透している試験であると言われてます。

ただ、世界的に行われている試験ではあるものの、実態としてはアジア圏におけるプレゼンスが高く、非アジア圏においてはあまり知名度があるとは言えません。

国内において知名度があり、影響力のある試験ではありますが、国際的に通用するかどうかについては今後の動向を見守ることが必要なのかもしれません。

受験をする際は、そういったことも含めて理解しておくことが必要です。
また、ビジネス向けということもポイントです。

つまりは、海外に留学する様なことを目的とする場合には、あまり適さない場合もあるので注意しましょう。
もちろんこの資格が有効な場合もありますので、MBA取得などのために海外の大学に留学する場合には、留学先の要件をしっかり確認して申請をすることが重要になってきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ