直近12回のTOEICスコア分布状況

TOEICのスコア分布は公式サイトで公開されています。
まず、このテストを受験している人数は公開されている2011年1月から2012年7月の統計によると最も少ない月が2011年6月でおよそ6万6000人ほど、最も多い月が2012年3月で14万8000人くらいです。

だいたい平均で毎回およそ10万人くらいが受験していると考えて良いでしょう。
平均スコアは同じこの期間で最も低いときが567.4、逆に最も高いときが590.6です。

この期間の平均点を単純に合計して平均すると576.05になります。
受験された回によって若干の変化はありますが、ほとんど毎回5割以上の人が395から695の間のスコアを獲得しています。

895以上を得点する人は少ない回で2147人、多い回で4883人います。
割合としては多いときで上位4パーセントの人が895以上で、少ないときは上位2.7パーセントが獲得するようです。

平均的には大体上位3から4パーセントです。
逆に245点以下を取る人は非常に稀で、多いときで下位1.5パーセントの人、少ないときで下位1パーセントの人しかいません。

平均すると大体1パーセント台前半のことがほとんどです。
TOEICの点数はそれ自体が統計的な処理を施して算出されるものなので、英語力に差がない限りは毎回ほぼ同じ点を取ることになります。
このため、自分の英語力を測る絶対的な指標として利用し、学習の進捗状況の目安にしていくことができそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ