TOEICでは、過去問題をひたすら解く事が重要な勉強方法になります

TOEICはリスニングと、リーディングの二つの構成で成り立っていて、両方とも同じ点数が貰えます。
どちらも大切なので、リスニングとリーディングの勉強方法について記載します。
まずはリスニングですが、TOEICの過去問題をひたすら解く事をお勧めします。
最初は聞き取れない文章や単語でも、繰り返し聞いているうちに、聞き取れるようになってきます。

また、何度も聞いていると、問題のリズムが掴めてくるので、短い文章の時に息を抜いたり、長い文章の時に集中したりと、自分なりに最後まで聞く集中力が身に付きます。

他には英語は聞き続けると、あるとき突然分かる瞬間が訪れます。
テスト問題に限らず、普段から英語を聞くようにしていると、耳から英語を聞く事に慣れてきて、テストに有利になります。

その次にリーディングの問題ですが、こちらも過去問題をたくさん解いてパターンを覚えるところから始めます。
そこで、得意不得意が分かるので、不得意な分野をたくさん勉強します。

後半になるにつれて、文章が長くなり難しくなってくるので、最後まで集中力を切らさないようにするのが大切です。

こちらも、普段から英語に親しんでおくことが大切なので、インターネットの文章だったり、新聞だったりを英語に切り替えると、英語を早く理解する力がつきます。

こちらも、すぐに上達する事は難しいので少し時間をかける必要があり、TOEICは問題量が多いので、最後まで集中していられるかが最大のポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ