TOEICのリスニングは準備が必要です

TOEICで高得点を獲得するには、リスニングセクションでの高得点を挙げることが重要です。
英語力をつける意味でも、英語を聞く力は大変必要になってきます。
リスニングパートでは、絶対留意しておきたいポイントがあります。

TOEICのリスニングでは、全体的にどんな内容が出題されるかを把握していなければなりません。
4つのパートから出題され、1つ目は、1枚の写真において4つの短い説明文が一度だけ放送される「写真描写問題」です。

2つ目は、1つの質問又は文章とそれに対する3つの答えが一度だけ放送される「応答問題」で、この2つは、聞いて答えるだけの問題になります。
3つ目は、2人の人物による会話が一度だけ放送される「会話問題」です。

4つ目は、ナレーションやアナウンスのようなミニトークが一度だけ放送される「説明文問題」で、後半の2つは、4つの選択肢と問題の英文が全て印刷されていますので、聞いて、読んで、答えなくてはならない読解力が必要となり、集中力を養って一瞬で理解するスピードが大切です。

TOEICでは、リスニングで絶対に振り返ってはいけないと言われています。
解答に悩んで振り返ると、先の問題の放送が進んでしまい、命取りになる危険性があります。
また、発音の似た単語の引っ掛け問題にも注意したいところです。

集中力が切れる要因として、朝食に炭水化物を食べない、昨晩の睡眠期間が短い、食べすぎで腹がもたれるなどがありますので、しっかりと準備して試験に臨みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ