語彙力をアップしてTOEICテストのスコアを上げる

Test of English for International Communication が、TOEICの正式名称です。
このテストは、アメリカのETSによって開発、製作され、世界共通のテストになりました。
以前日本では英語検定が一般的でしたが、今ではTOEICが世界の約90か国で実施されており、2008年度は171万人の日本人が受験するほど日本でも主流になり、多くの企業や学校で活用されています。

TOEICテストのスコアによって、英語の会話力やボキャブラリーが評価され、入学や入社が左右される時代になりました。
企業や学校が重要視し始めましたので、英語が苦手という人も、今や進学や就職のために必須のテストになっています。

国際化が進んだ現在の社会では、700点、800点以上のスコアを持つ人材を求める企業が増え、国際社会の中で、世界の企業と対等にコミュニケーションできる人材を必要としています。

語彙力やヒアリング力を上げてスコアをアップさせるために、たくさんの語学学校がコマーシャルし、それぞれの学校が卒業生達の苦労話や成功例を挙げていますが、いざ入会となると、その入会料、授業料、教材費は安くありません。

ボキャブラリー、ヒアリング力、その他の必要な力をアップさせるには、個人の努力と時間が必要です。
語学はスポーツと同じく、日々の努力の賜物と言われています。

こつこつと毎日の努力が自然に身体に染み込み、脳を活性化して語彙力とヒアリング力が培われていくのです。
その努力を惜しまない人こそが、力を勝ち取る人に成長できるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ