国際化が進む企業が目安とするTOEIC650

TOEICとは、国際コミュニケーション英語能力テストのことで、レベルはA(860点~)からE(~215点)までの5段階で設定されています。
テスト構成は、リスニング45分100問、リーディング75分100問の2時間200問で、マークシート方式で行われます。
現在、多くの企業が海外赴任の基準をTOEIC650点(英検2級レベル)あたりにおいています。

グローバル化が進む企業で、優秀な社員を派遣するために進んでテストを受けさせるというところが多くあります。
そこで、650点突破を狙った教材が数多く登場しています。

実は、650点突破の鍵は「中学英語の定着」にあります。
まず基本的な英文を読む、聞くを繰り返して、内容を理解するまでの時間の短縮を狙います。

テスト時間には限りがあるので、何度も繰り返して徹底的に定着させます。
過去問題なども研究されているのでテストには有利です。

また、公式教材には、覚えておきたい語句や公式問題などが掲載されており、だいたいの教材にはリスニング用のCDが付いています。

問題集などが載った書籍なら1000円台から、豊富な教材とサポートが用意されているものなら40000円近いものまでさまざまありますので、自分のライフスタイルや能力に合わせたものを選ぶようにしましょう。

会社によっては教材の補助が出るところもあるので、確認することをお勧めします。
どうやって英語力を上げて良いかわからない人は、英語のスキルアップに役立つセミナーやイベントも開催されていますので参加すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ