TOEICのReading攻略の重要性について

世界中で700万人にもおよぶ人々が、英語によるコミュニケーショ能力を測るためにTOEICを受験しています。
その目的は、個人でスキルアップ等をはかるためだけでなく、企業においては、新入社員の採用基準として、また社員の英語能力を測定するためにも活用されています。

さらに、学校においては、単位の認定基準に採用されるところもあり、受験における推薦枠の基準としても利用されています。
今やTOEICは、その人の英語によるコミュニケーション能力を測る、最も馴染み深い判断基準のひとつとされているのです。

問題の構成は、Listening(リスニング)45分、Reading(リーディング)75分の計120分となっていて、問題数はそれぞれ100問あり、マークシート方式で解答します。

リスニング問題は、写真描写、応答問題、会話、説明文問題の4構成となっており、英語を聞き慣れている人ならある程度の意味は理解できるでしょう。

一方リーディング問題は、短文穴埋め、長文穴埋め、読解問題の3構成となっています。
ここでは、英文法の理解度が問われます。

高得点を獲得するには、リスニングとリーディングのどちらもバランスよく正解する必要がありますが、特にリーディングには、しっかりとした試験対策が必要です。

求められるスキルは語彙力と文法力の2つで、これには、過去問題を繰り返し解くことが効率的だと言えます。
これからTOEICにチャレンジする人も、先ずは過去問題に取り組み、自分の現状を知ることから始めると良いでしょう。
そのうえで、自分の弱点を補填していくことが有効な対策となります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ