TOEICの試験の内容と参考書の見つけ方

『Test of English for International Communication』を、略してTOEICと言います。
意味は、国際的なコミュニケーションを取るための英語能力を測る試験のことを指します。
出題形式は、リスニングが100問で45分間、リーディングが100問75分間から構成されており、つまり、200問を2時間で答えていくものです。

そして、リスニングは全て英語で説明され、問題が流れます。
リーディングも同様に、全て英語で書かれています。

回答方法はマークシート形式であり、試験の結果は合否ではなく受験者全員が同様の問題を解き、その得点で表されます。
トータル990点で満点となり、ここ最近の平均点は、560~590点ぐらいで推移しています。

企業の中には、昇進、海外赴任の条件としてTOEIC何点以上と定めているところもあります。
これには、テストの内容がビジネス、日常生活に関わる出題が多くみられ、習得していることで円滑に仕事を進めることができるからでしょう。

テストを受けてみようと思う場合は、公式サイトに日程、試験が受けられる場所、申し込み方法、持ち物などの詳細が掲載されています。
初めて試験を受ける人でも出題の形式は決まっているので、あらかじめその内容を知っていれば戸惑うことなく受けられます。

そして、この試験についての参考書はさまざまな物が出ています。
選ぶとするなら、試験の内容がより具体的に表記されているものが良いでしょう。

自分で書店に足を運び、ピンとくるものがあれば良いですが、たくさんありすぎて迷ってしまう場合は、ランキングが掲載されているサイトや本の通販のレビューに目を通すなど参考にして、自分にぴったりな参考書を見つけましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ