日本でのTOEIC等の検定テストの利用

英語の能力を測るテストとして、世界的に行なわれているのがTOEICです。
TOEICは世界の約150カ国で実施されており、英語でのコミュニケーション能力を総合的に判断するテストとしては、最もポピュラーなテストとされています。
能力の検定目的以外では、日本では、TOEICのスコアを就職時の審査目安にしている企業が多くあります。

いわゆる大企業と呼ばれる日系企業で、新入社員に求めるTOEICのスコアは大体600点から700点程度で、外資系企業や世界中にグループ会社を展開しているグローバル企業では800点以上が求められるようです。

これはグローバル経済が進んだことにより海外での経営展開が増えたことと、日本国内でも外国人採用を積極的に行なう企業が増えたためだと言えるでしょう。

外国人と接する機会が増えれば、必然的に世界で一番話されている英語の使用機会が増えることになります。

このように、企業において英語力を重視する傾向は、今後ますます増えてくると予測されており、なかには、日本国内向けのビジネスを行なっている企業であるにも関わらず、いち早く社内公用語を英語にする企業もあります。

また、社会人以外でも、国による小学校からの英語の必修化が近く予定されており、子供の頃から英語を学ばなければならない環境がすぐ目の前に来ています。

このため、TOEICをはじめとする英語検定テストの利用も、今後はますます増えてくるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ