英語のコミュニケーション能力を評価する公開TOEICテスト

TOEICとは、Test of English for International Communicationの略称で、英語での言語によるコミュニケーションの能力(実力)を評価する世界共通テストです。
公開TOEICテストは合否でなく、10点~990点のスコアで評価をします。

このスコアは、常に評価の基準を一定に保するため統計処理が行なわれ、能力に差がない限り成績も一定に保たれる点が大きな特長です。

公開TOEICテストは世界の150カ国で実施され、和文英訳、英文和訳などの日本の大学受験のような英語ではなく、身近な内容やビジネスなど、幅広く英語でコミュニケーションができるかということを測ります。

また、ListeningとReadingという受動的能力を客観的に測ることにより、SpeakingとWritingという能動的な能力を含めた英語でのコミュニケーション能力を評価するように設計されています。

テスト構成としは、まず、1枚の写真に対して4つの説明が1度放送されます。
4つのうち、写真について的確に表現しているものを解答用紙にマークします。

次に、1つの質問や文章と対する答えが1度だけ放送され、設問に対して一番適している答えを選んで解答用紙にマークします。

このように、リスニングセクションという会話やナレーションを聞いて、問題を解くものがあります。
公開TOEICテストでは、自分の現在の英語力を正確に把握し、目標とする成績を設定することが可能になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ