TOEICでの点数が企業評価等の基準になっています

英語の実力を測定するのに、「英検」や「TOEIC」があります。
英検は日本国内オンリーで中高生の受験が多いイメージがありますが、TOEICは点数が細かく出るから比較しやすいとの意見が多いです。

1979年から認定を開始した国際的なコミュニケーション英語能力テストで、英語を母国語としない者を対象としており、試験の開発、運営、試験結果の評価はアメリカの非営利団体ETSによって行われる民間資格です。

TOEICの特長として、合否に関係なくスコア10点から990点までで評価されることが挙げられます。
認定されるスコアは絶対評価でなく、統計的に算出され公式認定証が発行されます。

TOEIC800点レベルが英検準1級レベルとの意見もありますが、世界的には英語初級レベルとの声も聞きます。
TOEIC900点レベルで英語を仕事や武器にでき、中々いない非常に高いレベルです。

世界約150カ国で実施され、世界共通の基準としてグローバルスタンダードに活用されていますが、英語を母国語とするネイティブには認知度があまり高くありません。

リスニングとリーディングの2つの受動的な能力を客観的に測定して、コミュニケーション英語能力を正確に総合的に評価することに長けています。
日本では年間約230万人が受験し、企業、官公庁、学校等3,000団体以上に活用されています。

学校においては、授業の効果測定、推薦入試の基準、英語課程の単位認定基準になっており、企業においては、自己啓発、英語研修の効果測定、新人社員の英語能力測定、海外出張や駐在の基準、昇進や昇格の要件など、特に外資系企業では出世のための一つの評定になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ