TOEICの400点とはどのくらいの能力なのか

和訳や英訳だけでなく、英語のコミュニケーション能力を評価する試験にTOEICがあります。
合否判定ではなく、最高990点までの点数で評価するものです。
また、世界で広く実施されているので、自分が世界共通でどの程度の英語力があるか確認できる試験でもあります。

試験は、リスニングが100問とリーディングが100問あり、記入方法はマークシート形式です。
一般的に、日本の大卒の新入社員では、400点程度が目安になっています。

これは、最低限通常の会話ができるレベルで、文法や言い回しは完全ではなくても、ゆっくり話してもらったり、複雑でなければある程度の会話や返答ができるレベルです。

ネイティブな発音の会話や、スピードによっては聞き取れません。
英検でいうと三級から準二級といったところでしょう。

大卒程度といっても、実際就職活動で履歴書に記入するのであれば500点以上は必要です。
また、企業によっては採用や昇格にTOEICのスコアが必要条件とされることもあります。

現在400点程度取れているのであれば、次を目指すなら600点程度を目安にしていくとよいでしょう。

出題問題には、日常的なものからビジネスにでてくるようなものもありますので、単に中学校や高校の英語の文法や単語を学習しなおすだけではなく、対策用参考書なども活用する必要があります。

また、今ではパソコンや携帯で学習できるサイトもありますので、移動や空いた時間に学習することもできます。
リスニングとリーディング合わせてのスコアなので、自分のスキルに応じて対策が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ