過去問以外で対策を練り、試験にのぞむのが常識のTOEIC

国際コミュニケーション英語能力テスト(Test of English for International Communication)は、英語でのコミュニケーション能力の検定テストで、英語を母国語としない人のためのテストであり、TOEICという名で広く知られています。
日本での受験者は非常に多く、毎年200万人以上が受験しています。

受験の目的としては、自分の英語コミュニケーション力がどの程度なのか数字(点数)で示すことができるため、受験や就職、仕事に役立つと考えて受けるという人が大多数です。

資格試験などを受ける前に、その試験の傾向を知り、どのような準備や勉強をして試験にのぞめば良い点が取れるのかを知るために、過去の試験の問題に取り組むという方法は非常にポピュラーですが、TOEICに関していうと、公式には過去問題を公表していないので、そのような形で準備するのはやや難しいでしょう。

過去問自体を入手するということは難しいかもしれませんが、その代わりになるような対策問題集や模試試験形式の問題集、公式問題集など多くの書籍が出版されています。

また、練習問題や疑似問題を公開しているサイトや、TOEICのための勉強をe-ラーニング形式でサポートしているサイトもあります。

それらの問題集やサイトの口コミや評価では、過去問と同等レベルと高く評価されているものが多数あり、多くの受験者に支持され、利用されていることが分かります。

これらを利用すれば、テストの傾向を知り対策を練ることができ、十分な準備をしてテストにのぞむことができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ