企業におけるTOEICの必要点数とその目安を知る

英語検定や漢字検定は、受検した級に合格するために一定の点数を取らなければなりませんが、TOEICでは、世界共通の基準とした英語力を判断するためのものなので、点数によって合格、不合格という評価をしません。
ただし、基準値として示されるため、この結果を評価して就職や昇進、昇格、また入試の判断基準の目安として用いる企業や学校が増えてきています。

日本の大卒新入社員の平均値である450~500点は、海外旅行などで困ることなく、基本表現でコミュニケーションをとることができるとされています。

また、企業では、新卒者には550~600点程度を求めていて、これは英語検定いうと準2級~2級に相当し、簡単な自分の気持ちを表現することはできますが、会話を膨らますことが難しいレベルです。

そして、中途採用者には600~650点を求めていると言われています。
会話の基本となる単語や文法、表現が身について、自分の思いを表現することができる状態です。
さらに外資系企業ではレベルが上がり、860~900点が求められます。

これは、長期海外赴任などで生活し、相手とのコミュニケーションをきちんと取ることができ、日常業務において困ることなく英語でこなすことができるために必要な条件になります。

海外に向けてのビジネスチャンスを考えている多くの企業では、より良い人材を確保するために、今後もTOEICの点数を目安とする需要は増え続けていくでしょう。

また同時に、企業側が求める基準値自体も上昇していくことが予想されます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ