TOEICで高得点を目指すために必要なテキストは

就活中の学生や転職を考える社会人にとって、今や英語力をはかるTOEIC試験は欠かせません。
最低でも600点、就活に有利と言われる700点以上のスコアを目指すには、どのような勉強法があるでしょうか。
ひとつは通信講座です。

目標スコアに応じて、初級コースから上級コースまでコース別に学習することができ、テキストや音声データCDなどがセットになっていますので、あまり英語に自信がない人や、初めての人には取りかかりやすい方法でしょう。

次に、英会話教室などで行なわれている対策コースで、グループレッスンからマンツーマンなどクラス形式も多様で、個人での学習には自信がないという人にはお勧めです。

しかし、こういったセットものの教材や教室に通うとなると、やはりそれなりに費用がかかってきます。
マンツーマンの教室であれば丁寧に教えてもらうことができる反面、それなりに費用もかさむことになります。

学生でそんなにお金をかけることができなという人は、独学で高得点を目指すしかありません。
そのために最低限必要な教材として、公式問題集や過去問題集などが挙げられます。

これまでの出題傾向なども知ることができますので、何よりも重要な教材です。
これらを徹底的にやり抜き、900点以上のスコアを出せたという人もいます。

また、TOEIC攻略法というような、スコアアップに徹底した攻略本なども出版されています。
それらも合わせて学習することで、あまりお金をかけずとも、毎日コツコツ復習して英語を定着させていくことができます。

どんな勉強法よりも、最終的には、時間とやる気こそが高いスコアに結びつく必勝法なのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ