TOEICのリスニング能力を強化するための勉強のやり方

英語の試験はいくつかありますが、TOEICは世界の約150か国で実施されている世界共通の英語コミュニケーション能力試験で、スコアで結果がでます。
試験はリスニングとリーディングから構成されています。

国際化が進む一方で、日本ではコミュニケーションスキルとしての英語ではなく、長年受験英語が主流でした。
近年ではコミュニケーションを主たる目的とする英語教育、習得に方向転換し、聞く、話すという能力が重視されてきています。

しかし、それらの能力を伸ばすことは容易なことではありません。
良く耳にする話で、「英語だけの環境に身をおいて英語のシャワーを浴びると、ある日英語が分かるようになる」というものがあります。

英語だけの環境に身をおくのは、ここ日本では難しいことですが、毎日数分でも継続して英語を聞き続けるのであればできますし、とても効果的でしょう。

さらに効果的にリスニング能力を伸ばすためには、「聞く」だけでなく「話す」という行為をセットですることが大事です。
つまり、音読をするということです。

日本語は一音一拍という特徴から、ひらがな50音、拗音、撥音、促音の文字と音が完全一致していれば、例えば初めて聞く単語も文章も、たとえその言葉や文章の意味が分からなくても、正確に聞きとって書くことができますし、読むことも可能ですが、一方、英語は日本語と違って知らない単語は読めない、書けない、話せない、聞き取れないという状態で、要するに、暗記していない単語はわからず、言語活動はできません。

もちろん、その状態ではテストでもよい点数は取れないでしょう。
しかし、その単語の意味を理解した上で音読をしたり聞くことで、自分の耳にその単語を正確にインプットすることが可能です。

その結果、テストも高得点に結びつけることができるようになります。
読む、書く、話す、聞くという言語活動は、それぞれ独立しているように思われますが、密接に関わっています。
そして、それら4つを可能にするのは、どれだけ音読をしたかだといっても過言ではありません。

単に、TOEICのリスニング能力を強化するために、たくさん英語を聞けばよいという短絡的な考えではなく、自分の中に正確にインプットするということを念頭に、音読を取り入れた勉強のやり方を考えることが大事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ