英語のコミュニケーション能力テストTOEICとサンプル問題

いろいろな国の人とのコミュニケーションには多くの場合、英語が使われます。
話せるようになりたいと始めた英語の勉強も、自分がどの程度の英語の会話能力があるのか知ることは、その後の学習意欲アップにもなっていきますし、英語が使えるということを客観的に証明できれば就職にも有利になります。

TOEICは、英語が母語でない者に対する、英語を使用したコミュニケーション能力を判定する世界共通の検定試験です。

テストは約150か国で実施されており、世界基準として活用が可能な検定試験となっています。
TOEICテストは、合否で判定結果をだすのではなく、スコア10点から990点で評価されます。

テストは、聞き取り100問、読み取り100問、合計200問の出題をマークシート方式で回答する2時間の試験で、聞き取りのリスニングセクションでは、写真描写問題10問、応答・会話・説明文の問題がそれぞれ30問、45分間で100問で、読み取りのリーディングセクションでは、短文穴埋め問題40問、長文穴埋め問題12問、読解問題48問、75分間で100問です。

サンプルテストは、TOEICの公式サイトや、学習教材を扱っている会社のサイトなどで、オンラインで無料で体験できるところもあります。
公式サイトのサンプル問題は出題形式を理解するためのもので、練習問題ではないので内容は簡単なものになっています。

また、公式のサンプル問題ではなくても、模擬問題が受けられるサイトもあります。
有料のオンライン対策模試を行っているサイトなら、本番の問題のレベルに近いテストが受けられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ