求人にも有利!挑戦TOEIC900点を目指せ!!

TOEICは、世界共通で通用する英語のコミュニケーション能力を推し測るひとつの目安として、とても重要な役割を担っています。
ハイスコアなら就職や転職に有利だったのは昔の話だとか、そもそもそれだけで英語力は測れないから全くの無駄、などと言われることがありますが、実際は送られてきた履歴書に記入されたTOEICのスコアに目を向けるのが採用担当者です。

インターネットが当たり前になった昨今、やはり英語が多少なりとも必要な仕事は増えてきているので、スコアが高ければ高いほど採用担当者の目に留まります。

一般的にハイスコアは860点以上と言われていて、そのレベルはネイティブスピーカーではないけれども語彙や文法、構文のいずれも正確に把握し流暢に使う力を持っているとされています。

ただし、860点から満点の990点までの中でも、900点以上は英検でいえば準1級以上に相当し、ハイスコアを要求する求人ではあえて900点以上に設定している場合が多くみられます。

もし、すでに860点から890点くらいでありながら就職活動に苦戦していると感じたら、より高得点を目指してみるのも良いかもしれません。
ただし、900点以上を求める求人には正社員、派遣ともに実務能力や実務経験をも要求していることが多いようです。

もちろん、実務能力や経験があればどんどんアピールしていけば良いですし、もし不十分であると感じても自分が英語を使って勝負できると思える分野での資格をとったり、少し遠回りにはなりますが希望する業界で英語の要求のない業務に就いてみるなど、少しずつでも実績を作って採用担当者にアピールできるようにするのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ