TOEIC攻略法・考え方について

TOEICは、英語を母語としない人に向けて開発された、英語によるコミュニケーション能力を判定および検定するための試験です。
合否判定ではなく、受験時におけるスコアを認定する制度を採用しているのが特徴で、自分の現時点での実力を知るのに役立ちます。
また非英語圏では、雇用や人事評価の際にスコアを用いる例があります。
日本でも、高スコアの人は就職の際に自己アピールの一つとして利用する人が多いです。

では、そのスコアをどうやって伸ばせばいいのでしょうか。
もちろん地道な勉強が必要なのは言うまでもありませんが、何事にも「コツ」というものがあります。

まず、リスニングセッションの攻略方法です。
パート1の回答方法は4択なので、あらかじめ写真の大体の雰囲気を確認しておき、頭の中に入れておくと有利に働きます。

答えに迷った時は、明らかに間違った選択肢を外す消去法が有効です。
とにかく問題に遅れるのが一番まずいので、迷った時はすっぱり切り捨て、直感に頼ってマークして下さい。

パート2は、似たような単語の違いに注意しましょう。
特に、主語と時制の2つに注意することが肝要です。

パート3とパート4はパート1と同様に、問題の流れに遅れることは絶対にタブーです。
あらかじめ回答の選択肢に目を通しておき、問題を聞きながらそれに答える流れを崩さぬように注意しましょう。

次に、リーディングセッションのコツです。
パート5とパ-ト6は4択なので、迷った時は消去法で考えるようにします。

特に、似たスペルの違いに注意しましょう。
そして、パート7は長文なので、細かい単語の全てを理解しようとせずに、話の大まかな流れをつかむことを重視するのが良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ