企業におけるTOEICの価値について

日本における英語教育は、受験のための紙ベースの勉強が主流です。
以前に比べて、生きた英語を学べるように学校は努力しているようですが、未だに日本での英語教育だけでは、本当に使える英語を学ぶことは不可能です。
しかしながら、世界経済のグローバル化の中で日本が競争力を保ち、他の企業に打ち勝って行くためには、優秀な人材の確保と、既存社員のスキルアップは避けては通れないものとなっています。

様々なスキルアップの方法はありますが、その一つに英語力のアップが挙げられます。
英語は、言わずと知れた世界の共通言語の一つです。

しかし、それはコミュニケーションを図るための一つの手段でしかありません。
英語が話せること、それは、仕事をする以前の問題だと考えられています。

先にも申したとおり、残念なことに日本人の多くが、生きた英語やコミュニケーションの取れる英語力が備わっていないのが現状です。
また、語学力の貧弱な企業は世界の優秀な人材を確保できません。

仮に確保できたとしても、人を活かせず、企業もその良さを発揮できません。

日本人が日本人を対象にした商売であれば語学力は必要ないかも知れませんが、しかし、今はそんなことを言っている状況ではなくなってきています。

では、ただがむしゃらに英語の勉強をすればよいのでしょうか。
人によって習熟度は違いますので、客観的に点数化し、それを評価基準にすれば分かり易いでしょう。

そう言った意味で、TOEICは信頼できる指標であると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ