TOEICの高得点を獲得すると

TOEICでハイスコアを獲得するためには、リーディングとリスニングそれぞれで点数を獲得する必要があります。
それぞれの時間配分は、リスニング45分でリーディングが75分、そして、それぞれ100問ずつの設問になっています。
マークシート方式のため、一定の法則に従い、でたらめに解答してもある程度のスコアが取れると考える人もいますが、TOEICでは独自の採点方法を採用しているため精度の高いテストであり、正確な結果と言えます。

また、日本国内だけでなく世界中で通用するテストのため、高いスコアを獲得したことは世界で通用する点数になります。
世界共通のテストということは、就職や転職、昇進に大変有利ですが、それだけでなく、その条件にしている企業もあります。

もちろん、仕事の内容によって求められるスコアは異なります。
企業に勤めている人でなく、英語力に自信がない、または習い始めたばかりの人のために、初心者向けのTOEICテストもあります。

これは、時間配分やリスニングの問題出題スピード等がかなりやさしくなっているもので、まだ自信はないけれど、自分の英語力を知りたいという人にはおすすめのテストです。

そして、近年の会話力を求める声から、スピーキングとライティングを課題にしたテストも誕生しました。

特にスピーキングは国際化の流れからは必須で、このスピーキングとライティングのテストでハイスコアを獲得できれば、自分の自信になるだけでなくさまざまな場面において有利です。

このテストは合否ではなく、テストのスコアが評価基準になります。
合否ではないため、常にステップアップを目指すことができるテストでもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ