TOEICのレベルとそれを生かしてできること

TOEICとは、英語のコミュニケーション能力を測る世界共通のテストで、10点から990点のスコアで個々の英語能力が評価されます。
現代では、就職採用時や海外出張、駐在の基準など、様々な場面でTOEICのスコアを活用する企業や団体が増えてきています。
また、英語圏への大学留学では、留学生の入学試験の基準にスコアを設けている場合もあり、日本の大学でもクラス分けや単位の認定の基準として活用されることもあります。

スコアの目安として、日常会話や外資系企業での業務を英語でスムーズにこなすためには、900点以上のスコアが望ましいです。
また、海外や仕事などの場で、簡単な英会話で問題なくコミュニケーションが取れるようになるには750点~850点は必要になります。

650点程度は英検でいう2級あたりのレベルになりますが、海外旅行先などで最低限の会話などができるレベルです。

中学初級程度の英語力があれば約300点は取得できるため、400点以下のスコアはビジネスや大学の入学試験の際にマイナスのイメージを与えてしまう可能性があり、履歴書などには書かないほうが無難です。

英語の実践的な学びを求めている人のために、研修生として海外の企業や団体で働き、実務経験を積むインターンシップという制度を設けている企業や団体があります。

スコアの目安は、このインターンシップの英語力の目安としても活用されています。
ビジネスインターンシップでは730点以上、ボランティアインターンシップでは470点以上、教育インターンシップでは500点以上が必要とされています。

但し、インターン先によって要求される英語力が違うため、実際に参加する時には確認が必要です。
TOEICを活用し、自身の英語力を常に把握し、また、英語力アップのために日々努力をすることで、将来への可能性が広がっていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ