社会人が目指すTOEIC得点目標600点

TOEIC(トーイック)とは、Test of English for International Communicationの略で、アメリカで開発された、英語を使ったコミュニケーション能力を数値化する世界共通のテストです。
企業が求める英語能力評価の他、大学などの入学試験や単位認定での優遇措置なども広がり、社会人、学生ともに受験者数は年々増えています。

日本で長く利用されてきた英検の得点評価が合格・不合格で判定されるのとは違い、TOEICはテストの得点で評価されます。

また、問題はすべて英文のみで、英文和訳や和文英訳といった日本向けの問題はありません。

テストはリスニング100問(45分)とリーディング100問(75分間)の合計200問で、すべてマークシート方式で990点満点です。
受験者の平均得点は570~590点ほどで推移しており、書店などには600点突破を目指すための参考書が多く並んでいます。

TOEICでの600点というのは、英検でいうと2級くらいのレベルで、海外赴任や中途採用社員に企業が期待する最低ラインともいわれ、600点を突破することがひとつの目標となっています。

個人受験の他、企業単位での受験も増えているという状況は、社員一人一人の英語能力を客観的に評価し、人事などの指標としているとも言えます。

グローバル化が加速する今、英語のコミュニケーション能力というのは、社会人にとって必要不可欠になっていくでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:TOEIC

このページの先頭へ